「香川紙飛行機を飛ばす会」の紹介

 「香川紙飛行機を飛ばす会」は、ケント紙など厚手の紙を用いて製作した紙飛行機を楽しむ仲間の同好会です。

 紙飛行機の愛好者であれば、年齢、性別を問わず誰でも入会できます。

 私たちは、紙製の模型グライダーを、公園に持ち込んで、ゴムカタパルト(ゴムパチンコ)やハンドランチ(手投げ)で発進させ、フライトを楽しんでいます。

 紙飛行機には、簡単に組み立てられるホッチキス紙飛行機や市販の入門用組み立てキットから、競技用の高性能機、オリジナル設計の紙飛行機など色々なものがあります。

 製作や設計する楽しみ、青空の下で自分の作った紙飛行機が優雅に滑空するさまを見ての爽快感、なかなかうまく飛ばない紙飛行機がさまざまな工夫で飛ぶようになったときの満足感、競技会に参加してうまく飛んだときの充実感、同じ趣味の仲間との楽しいひとときなど、さまざまな楽しみが味わえます。

 飛ばしては拾い、飛ばしては拾いを繰り返しているうちに、いつの間にか1万歩以上も歩いてしまうなど、適度な運動にもなります。

 また、「香川紙飛行機を飛ばす会」では、各地で行われる紙飛行機教室への協力などの活動も行っています。

|

「香川紙飛行機を飛ばす会」入会のご案内

○紙飛行機愛好者であれば年齢・性別に関係なくどなたでも入会できます。

○入会金・会費等はありません。

○紙飛行機教室等のボランティア活動のみの方でもOKです。

問い合わせ 

香川紙飛行機を飛ばす会 代表 嶋田 誠一
電子メール アドレス :
  shimada-s@nifty.com

|

主な活動

○ 原則として毎月第3日曜日に国営讃岐まんのう公園緑地広場で紙飛行機を飛ばしています。ただし、天候・公園のイベントや各地の紙飛行機教室の協力を優先させていますので、日程が変更になることがあります。ご注意ください。

○ 年に数回「まんのう公園紙飛行機教室」に協力しています。また、県内各地で行われる紙飛行機教室に協力しています。

○ 日本紙飛行機協会のジャパンカップ全国紙飛行機選手権大会 香川県予選を開催しています。

|