« 第3回まんのう公園紙飛行機教室 | トップページ | 新型機改 »

2005年11月22日 (火)

橋本機

hashimotoki  インターネットでも図面を公開しているのがハンドばかり、と言う事情から最初はハンドをしていました。しかし、ハンドはうまく飛ばなかったときに、機体がわるいのか投げ方が悪いのかわかりにくいので、一人でやるのは困難と考えて2001年の夏からゴムカタパルトに集中するようになりました。

 まずは、機体の調整と製作がきちんとできなければだめだろうと判断したからです。この年(2001年)JC愛媛予選に行ってみたのですが、四国では自由機種は自分がパイオニアであることが判明したことも、この判断の大きな要因でした。

 しかし、このときはまだ垂直上昇機を見たことがなかったので、ともかく垂直上昇専用の機体を手に入れることが必要だと考えました。前述したように2001年末時点では垂直上昇機の図面はほとんどありませんでしたが、運よくMusashinoのホームページに前年度(200年)のJC優勝の橋本さんの機体の図面が公開されているのを見つけることができました。

 で、作ったのが写真下(青い翼)のレプリカです。この機体を作ろうと思った要因は主翼にあります。主翼は0.65mm板紙(青)で、キャンバーを削りだしています。つまり主翼の加工さえ正確にできれば、尾翼の調整だけでOKかもと思ったわけです。(あまい!!)

 まず主翼の材料の入手から困難を極めました。この板紙(青)とはppsimにあるカラー板紙青のことだろうとは容易に想像できました(当時すでにppsimはダウンロードしていましたので)。この板紙は他の板紙より強度が高いようなので、ぜひそのものを入手したかったのですが、結局手に入れることができず、ホームセンターなどで売っている板目表紙で代用しました(青色なのはラッカーで塗ったからです^^;)。当時MusashinoのM合さんを通じて橋本さんにも聞いていただいたのですが、すでに橋本さん自身、入手が難しい状況だったようです(東急ハンズにあったとか)。

 主翼の削りだしもなかなか熟練を要する作業です。4mmの胴体貼り合わせも難しい作業です。しかし初心者にとっての難関は、以外にも尾翼にあります。

垂直尾翼は通常尾翼で、水平尾翼に貼り付ける構造です。工作自体は決して難しいものではありません。この垂直尾翼ののりしろが水平尾翼の補強もかねています。水平尾翼は胴体にじか付けで、のりしろはありません(工作的には、のりしろのない側の接着剤のはみ出し具合が重要です。多すぎれば引きつり、少なければへなへなの垂直尾翼になります)。このために、垂直降下を繰り返すと尾翼が衝撃ではずれやすいこと、水平尾翼の後縁を下手に下げようとすると垂直尾翼がはがれやすいなど、かなりデリケートな機体です。詳しくはMusashinoのホームページを見てください。

http://homepage2.nifty.com/musashinoPPC/hasidata.html

 初心者が調整でいじくり回すには、あまり向いていなかったのかもしれませんが、自分で飛ばすことができるように改造していったことがよかったのかもしれません。

 この橋本機は私のSCシリーズのベースになった機体です。この機体を公開してくださった橋本さん、M合さんには感謝感謝です。なお、写真上の機体は2003年の1月に武蔵野公園に伺ったときにいただいた本物です。本当にありがとうございました。

|

« 第3回まんのう公園紙飛行機教室 | トップページ | 新型機改 »

コメント

なつかしですね、と言うと橋本さんに怒られるかな、先日の東京選手権でもこの機体(殆どスペックは変わっていない)で三位入賞していましたよ。
私はこの機体は、数少ないカタパルトの名機と言っても良いと思っています。
私は単にデザイン的な好みから単垂直尾翼機を作り始めていたのですが、垂直上昇機イコール双垂直尾翼 と考える方が多い中、「垂直尾翼の形態に関係なく垂直上昇は可能なのだよ」と教えてくれた機体です。
一度、橋本さん宅におじゃまして主翼キャンバーを削る様子を見せていただきました。
金鋸の歯をグラインダーで削って作った小刀でサクッサクッと削る様子にびっくりさせられました。

投稿: もりあい | 2005年11月24日 (木) 22時40分

エッ~!
そんな方法でキャンバーを削っていたんですか!
 実は、最初カッターで薄く削ってみたり、薄刃のかんなで削る方法も試してみたんですよ。でも、削り取る厚みが一定せず、ぜんぜんだめでした。結局、400番の空砥ぎペーパーで根気よく削りました。(ほこりは大量に出るし、ペーパーに削りかすが付着すると一定に削れなくなるし、ちょっと大変でしたよ。)
 その方法だと、おそらく主翼の固定方法に秘密があるような気がしますが、どうなんでしょうか?
 それにしても、まさに熟練の技ですね!!

投稿: シマしま | 2005年11月25日 (金) 18時53分

そうです、まさに熟練の技でした。
主翼を削る前はかならず砥石で研ぐのだそうです。
そして まな板程度の大きさの板のへりに翼縁を合わせて中央から翼端に向かって一気に、2~3回刃を移動させておわり。
4辺同じ作業をおえたら軽くサンドペーパーをかけて完成。
ものの 1分も掛からなかったようです。
私にはできません。
話の続きは万博で ですね、楽しみにしています。

投稿: もりあい | 2005年11月25日 (金) 20時38分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/7226304

この記事へのトラックバック一覧です: 橋本機:

« 第3回まんのう公園紙飛行機教室 | トップページ | 新型機改 »