« ばんぱく君解決です | トップページ | KittyHawkⅡ・DennyHawk »

2005年11月15日 (火)

上反角ゲージ

jyouhannkaku   これが現在使用している上反角ゲージです。

 2mmのバルサに折れ曲がり部分に切りはなしてしまわないように注意して垂直に切込みを入れます(あまり厚いものは加工が難しいですが3mmまではOKです)。これをパキパキっと折り曲げておきます。

 別に用意した厚紙か2mmバルサの角度ゲージを2段上反角なら3分割、写真のような3段上反角もどきなら4分割します(このパーツも厚いものはうまくいきません)。これを写真上のように下から沿えて瞬間接着剤で固定します。あとは折れ曲げ部分を瞬間接着剤で補強すれば完成です。

 使用方法は、写真下のように横目のバルサで主翼を挟んで固定します。上から押さえるバルサの幅が狭いほうが主翼のキャンバーに沿って曲がります。

 このゲージで一番考慮しなければならないのは折り曲げる位置の特定かも知れません(二段上反角以上の場合)。主翼の紙の厚みを考慮しなければならないからです。したがって、主翼の筋付けを主翼下面で出来るようにするなどして主翼下面とゲージ上面が一致するように主翼を設計するか、主翼下面の長さを実測してゲージを作る必要があります。私の場合は135などと言う比較的薄い紙を使用しているのと、折り曲げ部分は写真下の状態では紙1枚でこのあと接着剤たっぷりで補強材を上から貼って強度を得ているので問題ありません。

|

« ばんぱく君解決です | トップページ | KittyHawkⅡ・DennyHawk »

コメント

下の写真で,バルサの上からクリップで押さえるてあるのは,勉強になりました.わたしは洗濯ばさみでそのまま挟んでます.買ってきた洗濯ばさみそのままだと強すぎるので,スプリングを少しゆるめてやります.あと,挟む部分をなめらかにけずってやると,紙に跡がつきません.

投稿: 本田 | 2005年11月17日 (木) 04時28分

この形見て バルサの羽を
作ってみようかと 思いました。それを 日本製 ツバメ玩具製作所の
ゴムプロペラ機
 175円のスチレンペ-パ- 1.5ミリ
1ミリ製の羽が 壊れたので それに付けてみようかと思いました。ツバメ玩具製作所の
ゴムプロペラ機安くて 意外と飛びました。
 ゲ-ジは町工場で 鉄板を コンピュ-タ-旋盤で削って
それに あてがって 超精密機械を作るみたいに作っているのかと思っていました。

投稿: とりあえず西瓜 | 2005年11月17日 (木) 22時45分

本田さんから「勉強になる」などといわれると恐縮してしまいます。
クリップに関してはおっしゃるようにバネが強すぎるとつぶれやすいのではさむ力の弱い特小豆クリップかプラスチック製の小豆クリップを使っています。この方法は、ゴムの方がよくギブスに使っています。私の工夫は押さえるバルサの幅を細くして短冊状にすることでキャンバーに沿って曲がりやすくしたことぐらいです。

とりあえず西瓜さん。
私の場合思いつきで形状をよく変えています。そのとき、あまり手間のかかるゲージではすぐに変更できません。ですから、簡単に作れてしかも正確に紙飛行機が作れるゲージのほうがよいと考えています。紙飛行機の特徴のひとつは思いついた飛行機をすぐに作れることなのですから。実際には、うまく行った設計をいじっても、なかなかよくならないんですけどね^^;。

投稿: シマしま | 2005年11月18日 (金) 00時06分

>紙飛行機の特徴
私も,紙飛行機の「特長」だと思っています.
I山さんみたいに,金型から切り出すのもよし.
しかし,あの金型も相当修正が施されているようです.

紙飛行機の設計には,シンプルなようで,たくさんの試行錯誤が詰まっているので,安易にいじると性能ダウンする事も多々あります.でも結局いろいろいじるのがおもしろいんですよね.

投稿: 本田 | 2005年11月19日 (土) 12時49分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/7131598

この記事へのトラックバック一覧です: 上反角ゲージ:

« ばんぱく君解決です | トップページ | KittyHawkⅡ・DennyHawk »