« 但馬ドーム (4)思わぬミス発覚 | トップページ | 但馬ドーム (6)ハンドランチ »

2006年6月30日 (金)

但馬ドーム (5)高アスペクト比・ロングスパン・ゴムカタパルト機の評価

 いよいよ、高アスペクト比・ロングスパン・ゴムカタパルト機SC200C3BSの評価です。
 SC200C3BSの主翼のデータは以下の通りです。
投影翼幅  192.56㎜
投影翼面積 38.03c㎡
翼根翼弦長 24㎜
平均翼弦長 19.6㎜
アスペクト比 約9.8
上反角は変形2段上反角で、8度・24度
 なお、機体重量は3.0gです。
 この機体のインドア競技会滑空競技の記録は、以下の通りで第3位でした。
29.4秒 沈下率 0.7585m 
 この記録は、悪くはありませんが、かといって特別良いものでもありません。旋回をもっと大きくすれば30秒に届いたかもしれないとは思いますが、吉原さんの32.7秒・沈下率0.682mという大記録の前には比べるべくもありません。
 吉原さんの主翼は翼根翼弦長27㎜ぐらいということですから、翼幅が165㎜ぎりぎりと考えると、主翼面積は36c㎡・平均翼弦長21㎜・アスペクトレシオ 8 ぐらいと想像しています。
 いずれにしても、低レイノルズ数のゴムカタパルト機の場合、
高アスペクト比=高性能 ではないということになります。
(ちなみに、SC200の主翼のレイノルズ数は約5000ぐらいでしょうか)
 一方、先にも述べたように、翼幅が大きいため抵抗が大きいためか、獲得高度が低く、この日の記録は43.6秒でした。つまり、「獲得高度の低下を補えるほど滑空が良くない」ということになります。
 唯一の収穫は、「24㎜程度の翼弦長=低性能 ではない」可能性を示したことぐらいでしょうか。
 ただし、24㎜以下の翼弦長の機体になると、いくらスパンがあっても視認性が悪くなることも十分考慮する必要が在ります。
 

|

« 但馬ドーム (4)思わぬミス発覚 | トップページ | 但馬ドーム (6)ハンドランチ »

コメント

mojibakededoushiyoumonaidesu...ooizuminokeijibanni,komentositeimasunode,yondekudasai.

投稿: コメントしたいなぁ〜安田 | 2006年6月30日 (金) 23時19分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/10739228

この記事へのトラックバック一覧です: 但馬ドーム (5)高アスペクト比・ロングスパン・ゴムカタパルト機の評価:

« 但馬ドーム (4)思わぬミス発覚 | トップページ | 但馬ドーム (6)ハンドランチ »