« 但馬ドーム (5)高アスペクト比・ロングスパン・ゴムカタパルト機の評価 | トップページ | マンボウくん »

2006年7月 1日 (土)

但馬ドーム (6)ハンドランチ

Dsc01422  やっと、義妹に貸していたデジカメが返ってきました。これでやっとオカザキ機の紹介ができます。

 最近、紙飛行機の主流となってきた感のあるハンドランチですが、今回もオカザキさんからもらってしまいました。
 オカザキさん!ありがとうございました。
 よく見ると、細かいこだわりのある機体です。
 たとえば、垂直尾翼の取り付けが、矩形中空洞の中央に差し込んであったり、主翼と胴体の接合部に段差をなくす工夫があったり細かいところに感心させられました。

 ドームでは、ハンドランチの機体の滑空性能には、改めて感心させられます。ハンド滑空上位の機体の沈下率は0.55前後です。この日のドームでの成績を見ると、ヤマモトさんの44.5秒がベストのようです(間違っていたらごめんなさい)。仮に、ヤマモトさんの機体が沈下率0.57(前回の滑空の計測記録です)として逆算すると、獲得高度は24.5mぐらいになります。スゴイの一言です。
 最近、ハンドの練習も少しはしていますが、ハンドの道のりはゴムより遠そうです。

|

« 但馬ドーム (5)高アスペクト比・ロングスパン・ゴムカタパルト機の評価 | トップページ | マンボウくん »

コメント

mite,goiken yorosiku.

投稿: 大泉のHPに手記を書いていますー安田 | 2006年7月 4日 (火) 00時21分

mite,goiken yorosiku.

投稿: 大泉のHPに手記を書いていますー安田 | 2006年7月 4日 (火) 00時22分

mite,goiken yorosiku.

投稿: 大泉のHPに手記を書いていますー安田 | 2006年7月 4日 (火) 00時23分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/10750877

この記事へのトラックバック一覧です: 但馬ドーム (6)ハンドランチ:

« 但馬ドーム (5)高アスペクト比・ロングスパン・ゴムカタパルト機の評価 | トップページ | マンボウくん »