« デジカメ 買いました! | トップページ | P5000への道 2 »

2007年5月 7日 (月)

P5000への道 1

自分自身で滑空している紙飛行機を写真に撮りたい!(今までの写真は全てカワカミさんの1眼レフにお願いしてましたから^^;)
 そのための条件は
1、滑空中の紙飛行機を撮影するためのBESTの選択は1眼レフだが公園等では常時携帯できなければならないことから1眼レフはあきらめ、コンパクトデジタルカメラにする。
2、少し広角撮影してトリミングする方法で紙飛行機を撮影するため、解像度が高いことが期待できる機種にする。現時点ではCCDが10Mピクセルの機種とする。
3、液晶画面では捉えることが難しいため、光学ビューファインダーを装備していること。
 
 と、言うわけで、CCD1000万画素のコンデジをリストアップすると次の6機種に絞られます。
Canon IXY 1000 、PowerShot G7
CASIO EXILIM EX-Z1050
Nikon COOLPIX P5000
Panasonic DMC-LX2
SONY Cyber-shot N2

 当初、CASIOのEX-Z1050に2M固定ながら1秒間に7枚の連写という機能があることから、心が傾きかけました。(ハンドランチのフォームなども撮れるし・・・)ただ、この機種は液晶が少々チープで、少し傾けると暗くなったり白くなったりして見えぬくいのが気に入らず迷っていました。(IXYの液晶画面は抜群にきれい。しかも、一時的にさらに高輝度にすることも可能。)
 さらに、昨日、サイト~さんより、光学ファインダーが必要との指摘をいただきCASIOはあきらめました。コンデジでは光学ファインダーを備えた機種は少なく(というか、カメラメーカー系にしか無いようです)、IXY 1000、PowerShot G7、COOLPIX P5000の3機種に絞られてしまいました。
 このうち、PowerShot G7は大きい、重い、値段が高い(ほとんど1眼レフが変えます)ので脱落。IXY 1000とCOOLPIX P5000の一騎打ちとなりました。

|

« デジカメ 買いました! | トップページ | P5000への道 2 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/14980620

この記事へのトラックバック一覧です: P5000への道 1:

« デジカメ 買いました! | トップページ | P5000への道 2 »