« 新年初飛行 | トップページ | さぬき市親子紙飛行機教室 »

2008年1月27日 (日)

カザマツリ機

Dscn1393s 今、研究中の機体です。12月の万博杯でバーターで頂いたカザマツリさんの機体(180㎜バージョン)です。

 重量 4.4g 
 上反角 12度
 主翼 翼根翼弦長 33mm
     展開翼長  186mm
     翼長     181.9mm
 水平尾翼 翼長  72mm
 全長 185mm

サイトーさんの機体同様、強度重視の機体です。主翼はピーチケント180だそうですが、そうは思えないほどの剛性があります。ポイントは塗装だと思います。塗料はスギヤマさんと同じく、ワシンのサンディングシーラ(成分:ニトロセルロース、アルキド、有機溶剤)だそうです。さっそく買ってきて、試していますが、なかなか難しいです^^;。

Dscn1561

|

« 新年初飛行 | トップページ | さぬき市親子紙飛行機教室 »

コメント

いつもお世話になっております。
私もワシンのサンディングシーラ試してみましたが、セメダインの付きがメチャクチャ悪くなるのでクリアに戻しております。しかし堅さはシーラーの方が確かに優れてはおりますので研究してみようと思います。
にしてもトラックバック松阪牛ってwww!

投稿: Ichihara@高知 | 2008年1月27日 (日) 22時14分

ichiharaさん
こん**は
サンディングシーラを塗ると、表面が粉を吹いたようになってしまいます。そこで、表面の塗装を在る程度ペーパーで落としてから接着するようにしました。今のところ接着に問題は出ていません。

投稿: シマしま | 2008年1月30日 (水) 22時17分

こんばんは、僕も仲間に入れて!塗装に於ける東京の皆さんはたしか、ゲンゲン(名古屋にあるメーカー)という塗装製品をお使いだと聞いております。以前ですが。しかし現在では不明です。私はまだゲンゲンを使った事はありません。ワシンのサンデイィングで、紙を3週間寝かせます。機体製作後には薄めた透明ラッカースプレーを利用しています。2回掛けます。相変わらずもWW機ですが。

投稿: 永井@PPC風モリコロ | 2008年2月 1日 (金) 20時08分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/17863780

この記事へのトラックバック一覧です: カザマツリ機:

« 新年初飛行 | トップページ | さぬき市親子紙飛行機教室 »