« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »

2008年8月31日 (日)

高知の早明浦ダム、ついに貯水率0%

 8月31日11時現在、ついに四国の水瓶・高知県の早明浦ダムが貯水率0%になってしまいました。ここのところ全国的には大雨で、香川でも坂出や宇多津では床下浸水など水害も発生しました。でも、四国山地にはほとんど雨が降らなかったようです(早明浦ダム周辺のみ降っていないような・・・)。
 今後は、早明浦ダムに残る発電用水の水道水への転用と香川の自主水源(ダム、池など・・・現在60~70%)でまかなうしかありません。このまま大量に雨が降らなければ断水になってしまうかもしれません。
 前回の水不足の時は台風で一発解消しましたが、今年は台風の発生も少ない上に、そのまま中国へ向かうものばかりで日本には寄り付いてくれません。
 今回はかなり厳しい事態になるかもしれません。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2008年8月28日 (木)

人力飛行機の飛行す!

 今回のまるがめ婆娑羅模型飛行機大会のアトラクションの目玉はなんといっても愛媛大学航空力学研究会(通称:二宮翔会)製作の人力飛行機でしょう。

Dscn2048sr  鳥人間コンテストを目指して作った機体ということですが、驚かされるのはその大きさです。これで40kgに満たないとのことにまたまた驚き。

Dscn2052s  AM9:06、向かい風1~2m(たぶん)のなか、滑走を始めてすぐに離陸!(ほんの10数mだったと思います)
 でも、エレベータを大きく操作しすぎたのか?ピッチング気味に・・・。
 この後一瞬前輪が地面を掠めたようですが、その後は安定した飛行を見せてくれました。

Dscn2053s Dscn2054s

Dscn2055s  見事、無事着陸!

Dscn2056s 飛行距離は120mほど。滑空時間は約16秒。
 伴走の皆さんご苦労様!(なにしろ停止すると揚力を失った主翼が落ちてきますから、それを無事キャッチしなければなりませんからcoldsweats01 )
 それにしても、この主翼のそり方はすごいですね。説明では2mとか聞いていましたが、どう見ても翼端で4mぐらい反っているように見えます。
 なお、二宮翔会のHPのブログからYouTubeにはいると動画が見られます。

 二宮翔会のみなさん!がんばってね!

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月24日 (日)

第5回まるがめ婆娑羅全国模型飛行機大会

 8月24日(日)、昨日のカラス型飛行器サミットに引き続き「まるがめ婆娑羅模型飛行機大会」が行われました。
 今回私は折り紙飛行機の指導とアトラクションでのデモ飛行が任務です。
 そんな中、T岡さんとのんちゃんは競技に参加。T岡さんはライトブレーン部門で滞空時間60秒でみごと3位入賞!

Dscn2081s さらに、お楽しみ抽選で自転車ゲット!

Dscn2080s  今日はT岡さんの日でした。

競技で目立ったのはやはり京都フリーフライトクラブのメンバーによるカラス型模型飛行機の高性能ぶり。

Dscn2068s  2分3分は当たり前。かっこよかったです。

Dscn2058s

Dscn2074s  こちらは富谷さんのカラス型。車輪付の大型の機体でゆっくり比較的低空を飛行。京都の飛行機とはまた違った味わいがあります。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月23日 (土)

8/23 カラス型飛行器サミット

 8月23日(土)丸亀市の土器川河川敷公園の横にあるサンビレッジ体育館の会議室でカラス型飛行器サミットが行われました。
 日本で初めての動力飛行機模型「カラス型飛行器」を飛ばした二宮忠八翁にゆかりのある愛媛県八幡浜(生地)、香川県まんのう町(カラス型飛行器着想の地)、香川県丸亀市(カラス型飛行器飛行の地)、京都府八幡(飛行神社)で活躍している人たちを集めようという企画です。

Dscn2017s_2  まず、最初に登場は、二宮忠八翁の親戚で生前の二ノ宮忠八翁を知る菊池啓泰さんの講演に始まりました。

Dscn2024s  そして、カラス型模型飛行器の大会を実施している京都フリーフライトクラブの岩村さん、愛媛県の新居浜高専の准教授で鳥人間コンテスト滑空部門に挑戦した新居浜高専チームを率いた松田先生、同じく愛媛大学より鳥人間コンテスト人力飛行機部門に挑戦している愛媛大学航空力学研究会のリーダー田邊さん、香川でカラス型模型飛行器を作っている富谷さんの4人のパネリストによるシンポジウムが行われました。

 それぞれ、一生懸命何かに打ち込んでいる人の苦労談、裏話は面白かったです。
 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008年8月10日 (日)

高知のイチハラさん、ブログ開設!

Dscn1828s 高知のイチハラさんが紙飛行機のブログ仁淀川の川原で紙飛行機を飛ばしています!を開設しました。
 イチハラさん!ブログ開設おめでとうございます!!
 高知にもたくさんの紙飛行機仲間が集まるようになると良いですね!
 今後とも、よろしく!!

(写真は6/1のJC香川予選で撮ったイチハラ機です)

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2008年8月 9日 (土)

折り紙飛行機

Dscn2003s 8月24日の「まるがめ婆娑羅模型飛行機大会」の折り紙飛行機部門の製作指導を頼まれました。
 折り紙飛行機はあまりやってないので、日本伝統の折り紙飛行機・垂直尾翼が特徴のエア・シューター・世界記録を樹立したという(数年前にTVで見た情報なので間違っていたらごめんなさいcoldsweats01)スカイ・キングの3種類を作って飛ばしてみました。

 けっこう風があったのですが、一番作るのも調整も簡単だったのはへそ飛行機タイプ。一番飛んだのは、やはりスカイ・キングタイプでした。ただし、いずれも風が強いこともあって(たぶん2mぐらい)重心位置が前に移動するように折り方に細工をしたのですが・・・。A4コピー用紙で折ったもので一番飛んだのは12秒ぐらい。世界記録を持つ戸田さんはA4で19.24秒、A5で22.48秒(いずれも室内)といいますから、足元にも及びません。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008年8月 6日 (水)

道の駅「源平の里 むれ」紙飛行機教室

Dscn1973 8月3日(日)高松市牟礼町にある道の駅「源平の里 むれ」で紙飛行機教室を行いました。

Dscn1968s この道の駅の主な施設は特産品販売所と軽食堂ですが、特筆すべきは、裏に回ると小学校の運動場より少し広いぐらいの芝生広場があることです。
 ただ、この暑さと少雨で芝はすっかり茶色に枯れて・・・。と言っても芝生広場は芝生広場!紙飛行機には最適です。

Dscn1965s でも、ともかく暑かった!!Dscn1997rs
 みなさん!ご苦労様でした!!
 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2008年7月 | トップページ | 2008年9月 »