« 桂米團治 襲名披露公演 | トップページ | 2009年 明けましておめでとうございます! »

2008年12月12日 (金)

SAL用ハンドランチ機

Dscn2315s  先のジャパンカップの折に紙飛行機界のSAL(翼端投げ)の伝道師もーりさんに紙飛行機向けのSALの投げ方を教わりました。
 私の場合、通常のオーバースローよりハルカに上手く飛んだので、自分でもSAL用のハンドランチ機を作ってみました。

 どうせ作るなら、SALの特性を生かせるようにと思って、大型の機体にしてみました。
 翼幅403㎜(展開長420㎜)
 翼根翼弦長60㎜
という大物です。AGケントで作ったので、左右の翼が一体の構造ではこれが限界です。また、紙飛行機用のSALのグリップの仕方からすれば、この辺りが限界と判断しました。
 重量は翼を補強したこともあって、27gもあります。

Dscn2319sまた、練習用に胴体後部を差込方式にすることで、簡単にヒノキ胴と交換可能にしました。(4×5のヒノキ角材を使用。)

 で、飛ばしてみてどうだったか?う~ん・・・まだ、充分飛ばしこんでいないのですが、失敗作かも・・・。ヒノキ胴しか飛ばしてませんが、墜落さすと胴体がバキバキ折れます。すでに2本おしゃかです。今回は紙で補強を入れてみたのですが、どうでしょうか。

|

« 桂米團治 襲名披露公演 | トップページ | 2009年 明けましておめでとうございます! »

コメント

お久です。
シマしまさんまでSALに冒されてしまったようですね。
SAL熱ウイルス蔓延しつつあるようです。
媒体はパソコン??
新種の人も罹患するPCウイルスのようです。
治療法はどうも対処療法だけのようです。
ガンガン飛ばしましょう。。ッハ

投稿: kar | 2008年12月13日 (土) 14時19分

karさん
ご無沙汰しています
私の感染はジャパンカップ会場でもーりさんに指導を受けたことによる接触感染です(^-^;
もっとも、JC参加時点で既にインターネットにより少々感染の兆候があったようですが・・・。

投稿: シマしま | 2008年12月14日 (日) 21時46分

とうとうしまさんまでSAL熱ウイルスに
感染してしまいましたね
このウイルスは感染力が強いので注意して
くださいね (*^-^)ニコ
治る治療法はまだ確立されてませんので
当分頭を悩ませることになるでしょう
そう言う本人も上がりは良いが滑空で
悩んでます

投稿: | 2008年12月15日 (月) 12時47分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/43401904

この記事へのトラックバック一覧です: SAL用ハンドランチ機:

« 桂米團治 襲名披露公演 | トップページ | 2009年 明けましておめでとうございます! »