« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »

2010年1月31日 (日)

四国オープン紙飛行機競技会 開催!

ジャパンカップ全日本紙飛行機選手権大会終了を受けて、四国での紙飛行機競技の場をのこすため、かねてより検討してきた四国独自の紙飛行機競技会ですが、先日会場使用許可の内定と紙飛行機協会愛媛支部の賛同をいただき「四国オープン紙飛行機競技会」の名称で実施することになりました。
 開催日時は
4月18日(日)です。
 競技種目は
1、ゴムカタパルト
2、ハンドランチ
3、カラス号
4、ALLスカイカブ
5、ALLホワイトウイングス
の5種目です。

要綱など詳細は会場使用許可が正式にいただける2月中旬までに発表します。

なにぶん初めてのことで満足な大会が開けるかどうか心配ですが、まずははじめよう!ということです。
 開催まで日も迫っていますが、ぜひ、多くの方の参加をおねがいします!

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010年1月10日 (日)

NHK熱中時間-アンドリュー・デュワーさんの新作シロナガスクジラ

 土曜日の朝、偶然NHKBS2でアンドリュー・デュワーさんの立体紙飛行機を紹介している番組を見ました。
 総合版熱中時間の再放送だったようです。(NHKのブログはコチラ
最初は本でも紹介されているカエル型紙飛行機などなど変わった立体紙飛行機を飛ばしていましたが、後半で新作のシロナガスクジラの製作過程を紹介していました。
最後はそのシロナガスクジラを持って武蔵野に二宮先生を訪ねるのですが、そのシロナガスクジラがカコイイのです。(胴体差込式の小さい主翼、V型尾翼、胴体は3分割、先端は平行部が横・・・正面から見るとジンベイザメ風?のようでした。)
 映像がないのが残念ですが、むなびれの主翼が小さいのにそこそこ飛んでいました。(番組では100mぐらいと説明していましたが、たぶん12~3秒?)普通の紙飛行機では考えられない主翼の小ささですが、よく考えてみるとロケット型立体紙飛行機のシューティングスターと同じかも・・・。もしそうなら、垂直上昇できれば20秒ぐらい飛ぶかも・・・などと考えてしまいます。
 あの、シロナガスクジラ!欲しい!!(作って見たい?かな)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010年1月 1日 (金)

明けましておめでとうございます

Nennga

| | コメント (6) | トラックバック (0)

« 2009年12月 | トップページ | 2010年2月 »