« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »

2010年5月26日 (水)

折紙飛行機の翼上面の空気の流れ

「アインシュタインの眼-飛ぶ」の再放送をしっかり録画しました。
Sdscn3323 迎角0度のとき見事すぎるぐらい空気の流れに乱れがありません。

Sdscn3325
同じ迎角0度の状態の上方からの映像です。
我々の作る紙飛行機でも、上昇時はこんな状態でしょうか?

Sdscn3326
少し迎角が付いてくると空気の流れが曲がっているのがよくわかります。
左翼内側の流れを見ると前縁で剥離した流れが翼中央付近で再付着しているようにも見えます。
この折紙飛行機はたぶんA4サイズで折ったへそ飛行機と推察しています。もし、そうであれば再付着の位置は前縁から50㎜~60㎜と思われます。
外側の流れは前縁が後退しているため、内側の流れに比べて上方の流れのため再付着せず後縁までながれたのではないでしょか?
それより気になるのは流れがやや内側に曲げられていることです(特に右翼)。しかも後縁では逆に外側に曲げられているようです。翼端後縁からの後流にかなり大きな渦が発生しているためかもしれません?

Sdscn3330
さらに迎角が大きくなった状態です。
翼中央に渦の流れが見えます。
しかし、渦は前縁に沿うのではなく機首から翼端後縁に向かって流れているように見えます。外側の流(渦を作る流より少し上方の流れ)は渦をまたいで後縁で再付着しているように見えます。後流も下に向かって吹き出しているようです。この流が重要なのかもしれません。

Sdscn3328
この映像ではハッキリしたことはわかりませんが、渦の直径は20㎜近くありそうです。

ところで、これはあくまで折紙紙飛行機の話。
我々の作る紙飛行機、特にゴムカタパルトの機体のの翼弦長はわずか24㎜~35㎜(写真の紙飛行機は中央の翼弦長なら120㎜)。後退角もこれほど大きくはないです。
どうなっているのでしょう???

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2010年5月 1日 (土)

アインシュタインの眼

今日の昼、家でテレビのチャンネルを適当に変えて面白そうな番組を探していた時、たまたまNHK-BS1で折り紙飛行機の興味ある映像が飛び込んできました。
 番組はアインシュタインの眼「飛ぶ~身近な飛行物体の不思議」。その短縮版だったようです。(本放送は2008年11月)

 興味ある映像とは折り紙飛行機の風洞実験の映像です。

 番組では紙飛行機が良く飛ぶのは、迎角が大きくなった時翼上面に渦ができ、渦による低圧で揚力が得られると説明していました。
 興味深いのはそんなことではなく、その渦のでき方です。

 渦は翼の前縁に沿うでもなく、翼端でもなく、翼の中央を縦に流れていたのです。映像は機体後部から見て左の翼を写していましたが、迎角増大と共に翼下側から翼根側からは翼端方向へ、翼端からは翼根方向へ溢れた煙が翼中央付近(やや翼端より)で合わさり右回りの渦(後ろ側から見て)が縦に螺旋を描いて流れているように見えた?ような?(渦の回転方向はとっさのことであまり自信なしです。)

 また、迎え角0の時翼上面の流れに乱れがなく、まっすぐ流れていました。

 う~んんんんん!
 渦の回転方向は確かか?
 あの風洞実験は何処がやったんだろう?!
 あの紙飛行機の後退角は?サイズは?翼のソリは?・・・
 あの映像をもう一度見てみたい!

 NHKオンデマンドを調べたけど、なんもなし・・・ガックシ。

 なんか、方法ないですかね

| | コメント (2) | トラックバック (0)

四国OPEN紙飛行機競技会 その2

Sdscn3277 四国にとどまらず多くの参加者で行われた四国OPEN。当然その競技レベルは高くなります。
 そんな中、四国勢で一番の成績をだしたのは我が香川紙飛行機を飛ばす会創立以来のメンバーの一人ノンちゃんことノウダさんです。
 ALLホワイトウイングス部門で199.8秒で金メダル!
 おめでとうございます!!
 やっと、実力発揮ですね。

Sdscn3271_2 次に好成績だったのはスカイカブ部門で銀メダルを獲得したヨシオカさんです。彼女も会の初期からのメンバーです。
おめでとうございました!

 3番目の成績は順位も同じ銅メダルの私でした。
 ウラタさん・ヤギさん・ヨシハラさんといった各地の紙飛行機競技会優勝経験者が来てくださったので、かなりのハイレベルを予想はしてはいましたが・・・

  そのほかのメンバーも、カナマルさんヨシダさんをはじめ健闘していましたので、来年はさらに期待が持てそうです。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2010年4月 | トップページ | 2010年6月 »