« コルゲート翼・・・みたいなもの? | トップページ | 4/15まんのう公園紙飛行機教室 »

2012年4月 7日 (土)

コルゲート翼的紙飛行機・・・その2

最初に機体は、上昇高度に問題がありました。
その解決策として考えられるもののひとつは翼上面の凹凸を減らしてみることです。
Sdscn3805
大きな段差は翼中央付近のみとしました。
これは、前縁はもともと剥離泡が予想されるからです。
また、最初の機体の重心位置が予想より後ろであったことから、水平尾翼を小さい物にしました。尾翼の翼長は68㎜です。結果として、3.2gとかなり軽量の機体となりました。

飛ばしてみた感想ですが、多少上昇高度は高くなったような気もしますが、まだまだ通常の機体に比べると獲得高度が足りません。重心位置は通常の機体と同様主翼後縁でOKのようです。ただし、上昇の調整はかなりムズイです。まっすぐ上がりにくいというか、返りが難しいいと言うか・・・。
 滑空は普通な感じです。この機体も一応MAXは出ましたから、それなりなのでしょうが・・・最初の機体に感じた安定性も感じられませんし、コルゲート翼のよい面がなくなった感じです。やはり、前縁が薄い、または前縁から3~4㎜の場所に凸部が必要なのかもしれません。

|

« コルゲート翼・・・みたいなもの? | トップページ | 4/15まんのう公園紙飛行機教室 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/54411001

この記事へのトラックバック一覧です: コルゲート翼的紙飛行機・・・その2:

« コルゲート翼・・・みたいなもの? | トップページ | 4/15まんのう公園紙飛行機教室 »