« 去年の反省 | トップページ | 新型機改良型試験飛行 »

2015年2月12日 (木)

2015年の機体は・・・

 雨ニモマケズ風ニモマケズ湿気ニモマケズ、前縁・後縁とも薄く、しかも強度も十分ある主翼。そんな主翼を作りたい。

 まぁ、無理な注文なのですが、試しにこんなのを作ってみました。
Dscn4481
Dscn4482  
 主翼下面の中央付近に段をつけると、上昇途中から逆宙返り傾向が出ます。これを利用すれば、尾翼のエレベーターをあまり下げなくても垂直上昇できるのではないかと思ったのです。
 実際に飛ばしてみたところ、思惑通りエレベータをあまり下げなくても垂直上昇できましたが、ほんの少しエレベーターを触っても、大きく変化してしまいます。
 あまり水平尾翼の調整が敏感な機体は、調整が難しい上に、調整が狂いやすい可能性も有るので、もうすこしマイルドなが好みです。
 今度は、胴体の長さを少し短くしてみようと思います。
 もう一つ、比較対象機として、主翼を上下逆の構造にした機体も作ってみました。
Dscn4485
Dscn4486  
こちらは、去年の機体とよく似た調整でとばすことが出来ました。
現状では、こちらのほうが良い感じなのですが・・・  。
 

|

« 去年の反省 | トップページ | 新型機改良型試験飛行 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/149977/61126620

この記事へのトラックバック一覧です: 2015年の機体は・・・:

« 去年の反省 | トップページ | 新型機改良型試験飛行 »