2006年1月30日 (月)

久々の紙飛行機日和

DSC01104  昨日の夕方は曇り・北北西の風1~2m。ほとんどデッドエアでしたので、思いっきり飛ばしてもまず機体をなくする恐れもない上に、紙飛行機本来の性能を知ることができる紙飛行機日和でした。

 4時ごろから、5時過ぎまでの夕方、写真の3機を飛ばしてきました。

 右端のコブコブはやっぱりだめでした。30秒がやっと。しかも滑空というより旋回しながらゆっくり落ちてくる感じ。旋回半径もだんだん小さくなっているような気もします。直感ですが、抵抗が大きいのでは?

 左端の普通のやつは、従来のC3BSの主翼に72mmに尾翼を拡張して重心位置を後ろに下げながら水平尾翼容積率を14.5程度にしたものです。滞空時間は、38~42秒。42秒のときは、少し重心を後ろに下げすぎたのかピッチング気味でした。(この日の気象条件では下げたほうが明らかによかったです。)

 中央は、先週紹介したコブのつもりのSC174CSW。滞空時間は、45~52秒(水平飛行に移ってから43.5~49.8秒)。これはかなり期待できる滞空時間です。滑空の様子は、時々(ほんの少し)翼を振るようなローリングを見せるもののピッチングもなく、きれいな滑空でした。

 調整は、さすがに初めての機体だけに、ちょっと苦労しました。普通翼のものに比べて、射出時頭下げの軌道だったためです。これは、尾翼後縁をUPさせることで対応しました。ほとんどまっすぐか少しUP気味になっています。ほぼ垂直上昇しましたが垂直降下したので、重心位置を後ろへ下げることにしました。これは想定外の事態でした。実は、この機体の主翼空力中心は前縁から5.6mmぐらいと、かなり前よりです。最初設定していた重心位置は平均翼弦基準で109%(前縁から24.5mm)で、予想ではこの位置の±0.5mmと考えていました。ところが、最終的な重心位置は、118%の26.5mmにもなってしまいました。このため、水平尾翼容積率が小さくなってしまい1.37になってしまいました。しかし、特筆すべきは、この状態でも、上昇・滑空とも安定していたことです。これが、コブの効果なのでしょうか?ともかく性能が高いことだけは確かなようです。とりあえず、このタイプを数機作ってみようと思います。

 ところで、このような平面翼形をなんと呼ぶか?(似たような平面翼形の先駆者のよこぜき氏とすぎやま氏は鳥の翼をイメージしたと言っておられましたが・・・)

 ガルウイングは、通常、翼根で上反角が大きく翼端で上反角の小さな形を言いますから、このような平面翼形に対して使うことはためらわれます。友人には、「とんびの翼みたいだ」と言われましたが、Kiteでは凧みたいなので、これもパスです。結局、ツバメの翼のようだということで、自分ではSwallow Wingsと名づけていますが・・・・。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2006年1月22日 (日)

こんなの作ってみました

DSC01090a  なんだかんだいいながら、こんなの作ってみました。

本当は今日、香川紙飛行機を飛ばす会の月に一度の集まりで飛ばす予定で、まんのう公園に持ち込んだのですが、風が強すぎて断念。

 残念です。

 一応、左右各一個のコブのつもりなのですが、やっぱりコブと言うよりヨコゼキ機に似た主翼にしか見えません(^^;)。

DSC01096a  そもそも、私の2003年モデルとあまり変わらないような・・。でも、こうして写真を並べてみると、かなり垢抜けた感じに仕上がっているので、よしとしましょう。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月15日 (日)

ギザ・コブに関する雑感

 この1ヵ月ギザ・コブ付きの紙飛行機を試してきましたが、まだ結論を出してしまうのは早すぎるかもしれませんが、6~9mm程度のギザギザあるいはコブコブについてはゴムカタパルトの垂直上昇機への使用はどうやら難しそうです。

 これはやはり垂直上昇機のサイズが小さすぎる(翼弦もキャンバーも)ためではないかと思います。一応、中空翼のような厚翼風の翼型では上昇の問題は何とかなりそうに思いましたが、滑空の悪さは致命的です。これについてはギザギザの上下方向の向きと重心位置をもっと詰めればよいところが見つかる可能性があるかもしれませんが、キャンバーが小さすぎるのでかなり微妙なものになりそうです。(ハンドであまり問題になっていないギザギザの上下方向の向きの敏感さは、キャンバーが小さいためだろうと考えています)キャンバーを大きくすることと、翼根付近の翼弦の長いところにのみギザギザをつけることは、まだ試していませんが、うまく行くかどうか疑問です。

 今後は、もっと大きなギザギザ、最初に考えたガルウイング風(ガルウイングとは通常内翼の上反角が外翼の上反角より大きな、カモメの翼の様な主翼を言うので、ちょっと抵抗があるのですが・・・)の平面翼形の機体に移ろうと思います。ちょっとギザギザとはいえませんが、異なる方向の渦がぶつかって安定した渦ができ、それによって失速遅れのような非定常空気力を発生するのであれば、この方が可能性があるかも知れません。

 でも、そろそろ今年のJC用の機体の開発、製作にも取り掛からねばならない時期に来ましたので、少しずつやっていこうと思っています。

 

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2006年1月 9日 (月)

2006年初飛行

 今日は2006年の初フライトをしてきました。

 南南西の風1~2mと、絶好の紙飛行機日和でした。初フライトの写真を撮ろうとカメラも持っていったのですが、カメラのスイッチをONにして愕然。メモリースティックの入れ忘れ。新年早々やってしまいました。と言うわけで写真なし。情けない話です・・・トホホ。

 フライトのほうは順調で、コブコブなしの機体では、今年の初MAX。

DSC01089a  初MAXの機体はこれ。11月から開発しているSC174C3BSSです。開発当初は、重心位置が主翼前縁より24.5mmだったのですが、現在は26mmまで後退させています。今日のBESTは72秒でした。

 問題は、コブコブの新型機です。開発の方向はバッチリで、上昇の調整の神経質さはなくなり、返りもスムーズになりました。上昇高度も、通常のものと変わらないようでした。ただ、沈下率が大きく、滞空時間は32秒前後と、あまりよくありませんでした。そこで、重心位置を0.5mm刻みで後退させました。実は、残念ながら昼前に強くなってきた風に河川敷の土手を越えて流されて、機体を失ってしまい正確なデータは取れなかったのですが、1.5~2mmさげた時点で39秒を記録しました。しかし、このときすでに滑空速度の低下、ややピッチング傾向が出ていたのでこれ以上の重心位置の後退ではよくならないように思いました。

 ただ、滑空は通常のものとは少し違っている感じで、通常の機体より旋回方向が安定しない(旋回の大きさ、方向などが一定でないようでした)、同じ調整でも1回目ローリングが出たのに次回はまったくでなかったり(ピッチングも同じ)、地面付近で粘る感じなどなど、どのように調整すべきか戸惑いました。コブコブの向きはかなり敏感で、少し触ると大きく挙動が変わるようです(垂直上昇機特有の小さなキャンバー、0-0調整ゆえかもしれません)。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006年1月 8日 (日)

2006年初号機

SC178CGG1  2006年の1号機にして、コブコブ最新作完成です。

 外翼にのみコブコブにしました。後退角の部分のみコブコブにして、翼端失速を防ごうと言う発想です。

 前回のKuではほとんどキャンバーのない翼であったため、渦が翼の上面に流れるか下面に流れるかが不安定なためか、調整が難しかったと考えました。そこで、コブコブの部分をキャンバーの付いた中空翼にしました。つまり、翼端まで中空翼にしました。ただ、そうすると翼端の処理が問題になるので、ウイングレットのようなものを追加して処理することとしました。また、主翼下面は完全フラットにしました(上面した面ともに継ぎ目なしと言うこと)。このため、主翼単独の重量は1.5gと、やや重めになりました。ただ、スパンが170mmとやや長いので166mm程度にすれば軽量化は可能です。(実は、上反角の計算を間違えちゃったのでこんなことになってしまいました。最初は、中央を6度、外側を24度にしていたのですが、コブコブをつけるために外翼を40mmと長くしたため、それでは上反角が大きすぎることに気が付いて、途中から22度に変更したためでした。まったく修行がたらんなぁ。)

 機体重量 3.3g

 主翼スパン 170mm  翼根翼弦長 30mm

 水平尾翼容積 1.47

 重心位置 主翼前縁より27mm

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2005年12月25日 (日)

コブコブ・フライトテスト

 昨日は予定通りコブコブのフライトテストをしてきました。

 天気は晴れ、風速は3mぐらいでした。

 コブコブ垂直上昇機SC174KU(以下KU)ギザギザホッチキス紙飛行機トレーナー(以下ギザギザトレーナー)ともに感じたことは、調整がかなり難しいことです。

 まず、KUですが、水平に軽く撃ち出した感じでは、やや頭下げが強のが気になりました。きちんと滑空するところで、水平尾翼の調整を仮決定して、垂直上昇させて見ましたが、まだ派手にダイブ(ほとんど頭から突っ込むループ)する感じでした。何とかまっすぐ揚がるようにして、全力発射させましたがうまく返りません。重心を27.5mまで後退させてやっと返りましたが、返し直後の沈下が大きかったです。滑空は普通な感じ。でも、旋回降下に陥りやすいようで、旋回の調整は神経質です。さらに水平尾翼の後端を持ち上げるとループ気味の上昇になってしまうし、下げればダイブしてしまうし、かなり調整範囲は狭い印象でした。

 ギザギザトレーナーの方も、やはり、上昇と返しの調整が神経質な感じでした。でも、滑空はとてもいい感じで、すっきりしない返りの割には好成績の平均30秒ぐらいは飛んでいました。(でも、旋回降下しやすいことはKUほどではありませんが同様でした。)

 両方ともにいえるのは調整範囲が狭いことです。これは、ハンドの場合とかなり違うようです。この違いは、私の考えでは、翼型の違いによるものではないかと思います。ハンドの厚翼に対し、どちらもほぼキャンバーなしのフラットな翼型だったことです。このために、渦が流れる方向(翼の上か下か)の制御が難しかったのではないかと言うことです。

 この解決策として、今思い浮かぶ方法は

1、コブコブあるいはギザギザをつける範囲を翼端などに限定する。(翼端失速の対策として使用してみると言う考え)

2、厚翼あるいはキャンバー翼にギザギザをつける。

3、主翼迎え角をつけてみる。

の、三つぐらいでしょうか。

いずれにしても地道な戦いになりそうです。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2005年12月24日 (土)

ホッチキス紙飛行機もギザギザ

DSC01036  明日は天気予報を信じれば、久々に紙飛行機を飛ばすことができそうです。

 でも、飛ばすことのできるコブコブが1機ではつまらないので、ホッチキス紙飛行機のトレーナーもギザギザにしてみました。(このギザギザは例のローターリーカッターでつけたので、コブコブではなく元祖ギザギザです^^;。)

 ホッチキス紙飛行機なら、量産ができますから、風の強い日でも、失くすることを恐れずに飛ばせます。

| | コメント (1) | トラックバック (1)

2005年12月20日 (火)

やっと完成!コブコブ紙飛行機

DSC01017  やっとできました。やっぱり、12月はなんだかんだと忙しいもので・・・。

 一応、重心位置は前縁より27mmに仮設定したので、モーメントアーム8.425cm、主翼面積36.57c㎡、主翼平均翼弦長2.15cm、水平尾翼面積14.28c㎡、水平尾翼容積1.53となりました。重量は3.2gです。

 主翼構造は中心部のみ中空、コブコブのある部分はPHOケント250Kに里紙135kで裏貼りとしました。これは、従来の中空翼で軽くコブコブをつける方法を思いつかなかったためです。あとは、強度の問題からです。180k1枚ではコブコブがすぐ痛みそうですし、かといって2枚では厚すぎるし重くなりそうなので。

 作ってみて、ゴムカタパルトならではの制作上の問題も多く出てきました。

 ① コブコブの精度に問題あり!やっぱり、ほんださんのようにロータリーカッターを使うのが一番いいのかもしれません。そのためには、コブコブ部分を直線にする必要があります。また、コブコブの位置を左右そろえるためには、ちょっとロータリーカッターの練習をする必要がありそうです^^;。厚い紙を一発で正確に切るのも難しそうだし・・・。

 ②この紙飛行機では上側の紙にコブコブをつけ裏貼りはひかえましたが、下側の裏貼りにコブコブをつけて突き出す、あるいは上下二枚を合わせてコブコブをつけたほうがよいのか?悩みは尽きません。

 あとは、飛ばしてみてのお楽しみと言ったところです。

 でも、この天候ではいつになるのやら。寒波のバカヤロー。

 

| | コメント (4) | トラックバック (0)

2005年12月13日 (火)

コブコブ(3)-小さなコブコブタイプ

SC174kob2  TAKEさんやこんどうさんのテストフライトで、小さなギザギザでも効果があるらしいとの報告。

 小さなコブコブでも効果があるのなら、いっそ、鯨のひれとほぼ同じ形にしてしまえ!と、ためしに書いた主翼です。

翼弦長28mm、翼長174mm、主翼面積37.1c㎡(のつもり。コブコブがあるので計算が・・・)。ずいぶん苦労して書いたのですが、ぶんちゃんのと似ている気が・・・。私も、造ってから公開しようかと思っていたんだけど、ぶんちゃんに遅れを取れないので、図面で公開です。

 もう少し、後退角が少ないほうがよかったかなぁ。

| | コメント (4) | トラックバック (1)

2005年12月11日 (日)

コブコブ(2)-こんなの考えてみました

SC174kobu  コブコブ理論のゴム用の紙飛行機の平面翼形を考えてみました。

 あまり、ギザギザっていう感じじゃないですよね。でも、この形ならできなくもないような気がします。

 一応、つばつけときます^^;。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧